敦賀300k帰還風景

本日の敦賀の空は、日本海独特な曇り空天候である。放鳩待機中に兵庫連盟が、小浜7時45分放鳩との噂を聞いた。福山支部が生野8:00放鳩予定と連絡があった。帰還の方も小浜が淡路島で9時40分位から入り分速で1400mから出ているようだ。生野の方も9時55分から入っているようだ。こちらもTOP分速1280m位で帰還しているようだ。自身の帰還は、12時6分に頭の後ろからTOPレーサー5羽帰還したため写真を撮りそこなった。15分までに13羽帰還してその後帰還STOPした。次の帰還鳩は4時20分頃に帰った。


敦賀300kスーパーS総合4位5位6位7位8位(5羽同着帰還)10位6羽入賞 2019年2月18日 8時00分放鳩









    大阪高槻200k帰還風景

 琵琶湖大橋西詰近辺の天候が思う様に回復しない日が続き非常に困った。今週中に今日を除けば、できる日が無いと判断して大阪までで天候が良い所で、琵琶湖大橋西詰に一番近い所の高槻でやろうと決めた。AM12時過ぎに、茨木インターを出て淀川河川敷の方に行ったが、グーグルマップで見るのとは違い河川敷の近辺で車を駐車する所が無くて非常に困った。回り回わってって有料駐車場を見つけてそこで朝まで待機した。心配していた天候は、朝から太陽が見えて放鳩日和になった。帰還地は11時05分に1羽23分までに14羽帰還した。その日の審査でTOP帰還鳩が2位鳩を≒31m引き離しての一人旅飛行総合優勝である。


高槻200kOP総合優勝同着帰還4位~7位

   2019年 2月12日 AM8:00放鳩






           六甲山帰還風景

六甲山標高931mの本日の天候は快晴である。標高≒800mの奥池の放鳩地に、深夜1時過ぎに到着した。それから休息を取り日の出(6時53分)を待った。7時からシートカバーを取り除き、放鳩予定時間8時30分まで待機した。時間でタイミングを見て放鳩に踏み切った。籠から勢い良いよく飛び出した鳩群は、上空に舞い上がり、見た感じでは六甲山山頂より高く飛翔している様見えた。出舎から見えなくなるまでに4~5分掛かって淡路島の方向に向かって消えてしまった。帰還地は10時36分にTOPレーサー12羽帰還する。1~2分空いて10羽同時に帰還した。15分で≒90%帰還する。その後12時まで帰還無し。

                  慶野松原帰還風景

淡路島慶野の空は早朝から、スッキリ晴れ上がり、8時30分の放鳩タイミングを待つばかりだ。放鳩扉を開けると、一斉に舞い上がった鳩群は、帰還方向に鷹を見たのか行ったり来たりして、上空高く舞い上がり見える範囲ではあずっていたが、無事帰還方向に向かって消えてしまった。さて帰還はどうなるでしょうか?。帰還現地では10時6分にTOPレーサー13羽が帰って来た。その後10分で8割3分帰還した。今年になって初めて、短時間で全鳩に近い数が30分位でほとんど帰還した。

                 引田帰還風景

2019年春季合同訓練が、いよいよスタートした。今年は個人訓練で近くから、何回したって時間がかかり、揃いが悪くて心臓に悪かった。引田合同訓練はTOPレーサーが帰還しても、二番手が中々帰らない。30分位過ぎてから帰還し始めて3~4分で9割位帰還した。心臓に悪かったと同時に安堵感にみまわれた。今春は厳しい帰還レースになりそうだ。挫けず頑張ろう。